副理事長未来創造室担当  佐藤 精治
 

昨今、先行きが不透明な社会となり、地域社会をとりまく環境も大きく変化しました。我々青年会議所はより一層使命感を持ってまちづくりに取り組まなければなりません。そのような中で明確なビジョンを持ってJC活動、運動を地域住民へ波及するためには、会員一人ひとりが確かな人間力を身に付けその資質を向上させることが不可欠であると考えます。そのためには、社会的立場が異なる多様な会員を受け入れ、LOM全体が成長し続けていくことが必要です。また、実際の会員拡大の場面における直方JCの魅力発信の手法を確立し、多様な会員を迎え入れます。
さらに、入会を決意した会員が継続的にJC活動、運動に参加し、地域を牽引する資質を備えたリーダーとするために、過去の会員拡大・開発のツールや手法を検証し進化させ発信します。そのために、会員全員がリーダーシップを発揮し、JC活動、運動の意義や魅力を能動的に伝播していけるよう会員研鑽の機会を創出いたします。
また、長きにわたり交流を深めてきた北釜山青年会議所との合同事業が新型コロナウィルスの影響にて中止を余儀なくされました。今までに経験したことのない苦難を互いに乗り越え1年間のJC活動・運動を通じて、この関わりが将来にわたり続けられるように友情をはぐくんでいきます。
明るい豊かな社会の実現に向け会員の先頭に立ち、これまでの諸先輩方が積み重ねてきた古き良き時代を学びながら人々の先駆者となるリーダーを一人でも多く育成いたします。行政と各諸団体との連携を深め故郷に対する想いや情報を共有し、会員一人ひとりが持続可能な地域の未来を創造すべく邁進して参ります。

副理事長未来創造室担当  佐藤 精治
未来活性化委員会委員長  田代 有平

 
私たち直方青年会議所は、明るい豊かな社会の実現のために日々様々な活動を行なっています。
しかしながら、新型コロナウィルスの流行で会議、活動、運動が停滞しており、会員同士の交流も減ったことで組織力が低下しています。このままでは先人達の志を引き継ぎ、地域に必要とされるまちづくり団体であり続けることができません。継続していくには組織力を高め、JC活動、運動を地域の方々に理解して頂く事が不可欠であると考えます。
組織力を高めるためには会員の拡大を行い、多様な会員が入会する事で、会員同士が切磋琢磨し成長していく必要があります。
JC活動、運動を地域の方々に理解してもらいながら会員全員で拡大に参加し、直方青年会議所の魅力を発信していくことで多様な入会希望者が生まれる仕組みづくりを構築します。
また、会議の質を高め、より良い活動、運動へ進化しながら会員開発を行うことで会員一人ひとりが確かな人間力を身に付け、地域に必要とされる団体であり続けることができると考えます。
我々直方青年会議所と、行政や地域諸団体との連携がうまくとれておらず、協力関係が受け身であると考えます。現在、交流を行っている行政や諸団体との連携をより強固なものにし、また新たな諸団体との関係を構築していくことで、地域に良い相乗効果を生むことができます。我々直方青年会議所と、行政、地域諸団体が共に行動することで、地域発展の礎になると確信しております。
長きにわたり姉妹締結先である北釜山青年会議所との交流や事業が、新型コロナウィルスで中止を余儀なくされております。49年続く友情は揺るぎなく、直方青年会議所や地域の方々にとって、大切なものになっております。地域の人口減少が進む中、地域住民と共に成長できる国際交流、文化交流の仕組みを北釜山青年会議所と再構築し、地域の発展に繋げていきます。その結果、互いの地域が活性化していくことで、地域貢献の見本となると確信しております。
現在の直方青年会議所は外部との運動が消極的でうまく機能していません。積極的に運動していくためにも効果的な情報発信を行い、直方青年会議所が率先して行動することで大きなうねりを生むことが必要となります。
会員全員が明るい豊かな社会の実現に向けたビジョンを共有し、高い志を持ちながら能動的に、地域の発展に挑戦し、この地域に求められる青年団体であり続けるために、夢を多く持つ人々と未来を創造していきます。

会員拡大の推進           広報に関する活動
会員開発の実践           環境運動の推進
六ヶ岳を考える会への参加
行政及び諸団体との連携
国際交流に関する活動
例会の運営